【プロミス】即日融資&審査!土日祝日でも借りる3つのポイントと評判・口コミ

プロミスの審査で希望の金額を借りる方法

2015年09月01日 20時59分

プロミスの審査は、他の金融機関でお金を借りる時の審査と同様に、年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報などがポイントとなります。消費者金融であるプロミスでは、個人信用情報よりも返済能力のほうをやや重視する傾向があるようです。そのため、過去にクレジットカードなどの支払いで延滞がある人は、個人信用情報に厳しい銀行カードローンよりも消費者金融がお勧めになります。ただし、一度や二度の延滞があるだけならまだしも、3ヶ月以上の延滞や、債務整理などの、いわゆる金融事故を起こしている人は、かなり難しくなります。

プロミスで希望の限度額を借りるためには、年収などの返済能力も重要ですが、普段から、クレジットカードなどの支払いで、延滞などをせず、良好なクレジットヒストリーを築いているということが重要になります。

また、プロミスは総量規制の対象内なので、他にカードローンやキャッシング枠付きのクレジットカードを所有している場合には限度額に影響してしまうので、利用していないカードは解約してから申し込みましょう。
 

プロミスで希望の金額を借りられないときは?

プロミスで審査を受けて、希望の金額を借りられなくても、そこで諦める必要はありません。一般に、金融機関の審査では、最初は低めの限度額が設定されるからです。最初は、その人がどういう人物なのかがわからないので、金融機関も多額の資金を貸し付けることには慎重になります。

カードローンを契約した後で、限度額を上げていくためには、頻繁にプロミスのカードを利用して、良好なクレジットヒストリーを築いていくことが重要です。きちんと返済を続けて、時々ボーナスなどが出たときに一括返済をしたりすることで、信用が上がっていきます。その間に、勤続年数が上がったり、収入がアップしたりすれば、さらに条件が良くなります。

また、消費者金融では総量規制があるので、年収の3分の1を超える融資は受けられません。よって、他に消費者金融でカードローンを契約している場合や、キャッシング枠付きのクレジットカードを所有している場合には、総量規制にひっかかりやすいので、解約しておくことも大切です。銀行は総量規制の対象外なので、銀行カードローンは所有していても影響しません。